ハゲからの生還!育毛・発毛大作戦

2010年04月30日

お子さんのふけの対処について

聞いたところでは、お子さんの「ふけ」に悩むお母さんが増加している
そうです。

子供のふけは、大人のふけとは、どうも状況が違うようです。

前回までにご説明しましたように、大人のふけは主に「乾燥性ふけ」と
「脂漏性ふけ」の2種類に分類することが出来ます。
男性は「脂漏性ふけ」にかかることが多く、女性は「乾燥性ふけ」が
多い傾向があるようです。

一方、子供の場合は、上記の2つの場合に分類できる場合もありますが、
「脂漏性」といっても、大人の「脂漏性ふけ」とは質が違います。

また、肌が弱いお子さんに、親と同じ強い成分のシャンプーを使って
いると、頭皮が肌荒れのようになってしまい、頭皮が乾燥してふけが
出るという「乾燥性ふけ」の症状が出ることもあります。

子供には、刺激の少ない自然素材で出来たシャンプーを用意した方が
「乾燥性ふけ」にならないためにもいいでしょう。

同じようなタイプですが、アトピー性皮膚炎が頭皮に出た場合にも、
ふけの原因となることがあります。

このように、大人と異なり、子どものふけは、体質的なものが多いわけ
なのです。

年齢にもよりますが、子供は頭を洗うのを怖がったり、嫌うことが多い
のではないでしょうか?

その反面、子供は運動量が多く、成長している最中ですから、新陳代謝も
非常に活発です。
このために、大人よりも頭皮に汗をかきやすいといえるでしょう。

洗髪が不十分で汚れやすい頭皮という条件が重なることで、頭皮が不潔な
状態になりやすく、雑菌が繁殖しやすくなるわけです。
この雑菌によって「ふけ」が発生するケースも相当数あるわけです。

脂漏性ふけに分類されますが、大人の脂漏性ふけとは異なる原因で発生
しているわけです。
小学校高学年くらいになると、徐々に回りからの見た目を意識するように
なりだすことから、積極的に洗髪しはじめることで、頭皮の汚れはなく
なっていくことから、自然と回復するようです。

小さい子供は、髪の毛を洗うこと自体も嫌がりますが、それ以上に、
すすぎに対しての拒否感が強いことから、しっかりと汚れを洗い流す
ことができずに、洗いカスが頭皮に残ってしまうことがあります。

これによって発生するフケもありますので、親御さんは注意する必要が
あるといえるでしょう。

次回からは、頭皮についてのトラブルを色々とご紹介します。
posted by ふけや抜け毛でなやみま千 at 10:05| ふけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
育毛・発毛 メールサポート付
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。