ハゲからの生還!育毛・発毛大作戦

2010年07月04日

身体に悪い食べ物を食べると抜け毛が進行する?

油分が多い食べ物や刺激物が多い食べ物は、一般的には、体に悪いと
いわれています。

これらの食べ物は、抜け毛の原因になる場合があります。

まず、油分が多い食物を食べることで、血液がドロドロになります。
血液がサラサラの時には、発毛に必要な栄養分は問題なく血管を通り、
毛母細胞まで行き届きますが、この血液がドロドロになってくると、
育毛するために必要な栄養分が頭皮まで十分に行き届かなくなります
ので、必然的に髪の毛が細くなり、抜け毛は加速してしまいます。

唐辛子などの辛いものを食べれば血液の循環が良くなり、頭皮への血流
が促進されるので一見すると髪の毛に良い影響を与えるものと考えがち
です。
しかし、個人差はあるものの、辛い刺激物を食べると、汗を大量にかく
のではないでしょうか。
その汗が原因で、頭皮に存在する菌が繁殖してしまい、結果として抜け
毛が加速するケースもあります。

辛いものなどを食べて汗をかいた後は、頭皮を清潔にするようにする
必要があるといえるでしょう。

また、辛い刺激物を食べると、皮脂腺から皮脂が多量に分泌されます
ので、頭皮の毛穴が詰まります。
毛穴が詰まることで、毛根の発達にも影響が出てきます。
つまり、細い髪しか生えてこなくなってきますので、このことも抜け毛
の原因となるわけなのです。

体に悪い食べ物は、当然、髪の毛にも悪い影響を残します。
食べないようにするほうがいいのですが、摂取する際には適量に抑える
事が重要でしょう。
posted by ふけや抜け毛でなやみま千 at 08:00| 抜け毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
育毛・発毛 メールサポート付
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。