ハゲからの生還!育毛・発毛大作戦

2010年06月19日

脱毛症や抜け毛の種類

脱毛症や抜け毛と一口に言いましても、症状や原因などにより、様々な
種類があります。
今回は、様々な種類の脱毛症についてご紹介していこうと思います。

・脂漏性脱毛症

皮脂の過剰に発生することが原因で起こる抜け毛。
頭皮の皮脂に付いた細菌が繁殖することで、毛根や頭皮が炎症を起こす
のです。
血行不良になったり、毛母細胞が細胞分裂できなくなることで毛が抜け
るようになります。

・円形脱毛症

前触れなく、一気に髪の毛が円形や不整形に抜ける抜け毛です。
免疫機能を担うリンパ球の働きの異常により「自己免疫疾患」が起こる
のが原因だと言われています。
年齢や性別に関係なく、誰でも発生する可能性があります。

・批糠(ひこう)性脱毛症

頭皮が乾燥して、フケが起こることで発生する抜け毛です。
フケが毛穴を塞いでしまい、頭皮が炎症を起こす事が原因です。

1日に複数回シャンプーをしたり、強く頭を洗うことで頭皮が傷み、
髪の毛が成長できなくなるために、毛が抜けます。

・男性型脱毛症

AGAと呼ばれる脱毛症です。
男性の約一割が発症しています。

男性ホルモンが原因だと言われており、30〜40代から症状が現れ
始め、額の生え際や頭頂部の髪の毛が抜けるのが特徴です。

・瀰漫(びまん)性脱毛症

女性に多く見られる抜け毛です。
髪全体が薄くなり、髪の分け目や頭頂部の皮膚が透けて見えるように
なるのが特徴です。

更年期前後に、女性ホルモンが減少することが原因です。

通常は40歳前後から症状が出始めますが、ストレスやダイエットに
よる栄養不足によって、それより若い年代からでも髪の毛が全体的に
抜けるケースがあります。

ケース数の多い場合をご紹介しましたが、上記以外にも抜け毛の種類は
あります。
まずは、あなたの抜け毛の原因を突き止めることで、適切な対応策も
行えるようになるわけです。
posted by ふけや抜け毛でなやみま千 at 08:36| 抜け毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

加齢ともに髪の毛は細くなる?

髪の毛が最も太くコシがあり、最も元気のいい状態になるのは、男性で
20歳くらい、女性は25歳くらいが平均的だと、一般的には言われて
います。
その時期を境として、年齢を重ねる度に髪の毛は細くなり、ハリがなく
なっていくのです。

その理由として考えられるのは、加齢による新陳代謝の衰えです。
新陳代謝が衰えることで、毛母細胞の分裂能力が弱まるのです。
新陳代謝が活発な時期が、髪の毛も元気な時期だと言えます。

また、加齢以外に、環境や体調の変化によっても、髪の毛が細くなる
場合があります。

無理なダイエットや加工食品に頼るような食生活をしていると、栄養の
バランスが崩れることから、髪の毛に必要となる良質のタンパク質が
摂取できなくなり、痩せた細い髪になるのです。

精神的に過度なストレスを受けても、血管が収縮してしまい、髪の毛に
十分な栄養が届かなくなるため、髪の毛が細くなる原因になります。

「髪の毛が細くなった」「髪の毛が柔らかくなった」と感じたら、髪の
毛は危険な状態にあるといえるでしょう。

この状態を放置することで、抜け毛が増えてきますので、しばらくすると
薄毛になります。

加齢とともに髪の毛が細くなるのは避けようがありません。
しかし、その時期を遅らせることは、あなたの心掛け次第で可能です。

ストレスを掛けないようにするために、頭皮を清潔にして、髪の毛に
十分な栄養が行き渡るように食生活や生活習慣にも配慮しましょう。
posted by ふけや抜け毛でなやみま千 at 08:00| 抜け毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

抜け毛の本数は年代ともに変わってくる?!

あなたの髪の毛の本数は、いったい何本あるか御存知ですか?

人種や髪質にもよっても違いますし、もちろん個人差はありますが、
多い人だと15万本、少ない人だと5万本だそうです。

それでは、抜け毛の本数はどのくらいかご存知ですか?

一日の抜け毛の本数は、健康な人で50本〜120本前後だと言われて
います。
この範囲でおさまっているのであれば、自然な抜け毛だそうです。

毎日のブラッシングや洗髪で髪の毛が少し抜けたとしても、ヘアケア
サイクルで生じる自然な現象ですので、心配することはありません。

抜け毛の本数は、年齢によっても変化します。

若いうちは抜ける本数も少なく、その数も毎日同じ程度の本数です。

反対に、年齢が高くなると抜ける本数も多くなり、その数も日によって
ばらつきがでてきます。
思春期の一時期に髪の毛が大量に抜ける人もいますが、大抵は髪の毛の
生え替わりに伴う現象だと考えられています。

年を追うごとに抜け毛の数が増加することは自然現象と言えますが、
注意が必要な抜け毛もあります。

「抜け毛の中に細い髪の毛が多い」場合
「短い髪の毛が多い」場合

です。

このような抜け毛がある場合には、ストレスが溜まっていたり、栄養
バランスが崩れている可能性があります。
あなたの生活習慣を見直されることをおすすめします。

髪の毛は発毛と脱毛を繰り返します。
抜ける本数には個人差が相当ありますので、起床時の抜け毛の本数や
洗髪時の抜け毛の本数に毎回振り回されるようなことがないように、
ストレスのない生活を過ごすようにされるといいでしょう。
posted by ふけや抜け毛でなやみま千 at 07:59| 抜け毛 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
育毛・発毛 メールサポート付
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。