ハゲからの生還!育毛・発毛大作戦

2010年04月20日

ふけをほっておくと別の病気になるかもしれません

前回までにお話しましたように、ふけには二種類あります。

・乾燥性ふけ
主に女性に多いといわれています。

・脂漏性ふけ
主に、男性の方の中で皮脂の分泌が盛んな方に多いといわれています。

後者の「脂漏性ふけ」症は放置すると、別の病気を引き起こす原因にも
なりかねませんので注意が必要です。

復習になるかもしれませんが、脂漏性ふけ症は、カラダから分泌される
皮脂を好むカビが皮膚の表面で繁殖し、そのカビのはたらきによって
角質がどんどん剥がれ落ちていくわけなのです。

さらに症状が悪化すると、脂漏性皮膚炎になるといわれています。

脂漏性皮膚炎になると、主に頭・顔から黄色い皮脂が出てきます。
この黄色の皮脂にとって、頭皮・顔・耳・背中・脇・股などの幅広い
範囲で皮膚の炎症やかゆみが起こります。
さらに症状が進むと、患部の皮が剥けてきます。

脂漏性皮膚炎は、完治が難しい病気であるといわれています。

従来は、ステロイドを利用する対処療法しかなかったのですが、最近の
研究では、抗真菌剤が効果的だということがわかってきました。
抗真菌剤を使用することで、症状の改善がみられるようです。

このように病気になってから薬に頼るのではなく、予防することが重要
です。

生活全般を見直し、睡眠不足やストレスを減らすように、生活改善を
行う必要があります。

なぜなら、睡眠不足やストレスを過度に受けることによって、皮脂の
分泌が増えるという研究結果があるからです。

まずは、規則正しい生活を心がけることが重要です。

その他の対策として、皮脂の分泌を抑えるビタミンB群やビタミンEが
含まれた食品を積極的に食べるようにしましょう。
そのためには、主食と副食をバランスよく食べることが重要です。

その一方、皮脂の分泌を増やすと言われる脂分・糖分・香辛料は控える
ことが重要です。
食べすぎ、飲みすぎはカラダにとってもよくありません。

シャンプーで頭を洗う際には、洗いすぎず、こすりすぎずに清潔を保つ
ことを第一にしましょう。
posted by ふけや抜け毛でなやみま千 at 08:54| ふけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

ふけを出さないようにするには?

けは。大きく2つのタイプに分類できます。

一つは、頭部の乾燥によっておこる頭皮の剥離で、「乾燥性ふけ」と
呼ばれます。

もう一つは、皮脂の分泌が過剰であったり、洗髪不足で皮脂が落ちずに、
その皮脂を好む菌が増殖して、頭皮の角質がどんどん剥がれ落ちる
「脂漏性ふけ」です。

ふかの原因は大きく2つに分けられますので、それぞれの原因に対しての
対処法にも違いがでてきます。

多数の男性は皮脂の分泌量が多いため、女性より男性の方がふけに悩んで
いる人は多いといわれています。

男性の場合は、ほとんどが「脂漏性ふけ」だそうです。

その一方、女性のふけは「乾燥性ふけ」の比率が多く、フケが出るのを
あまりにも気にしすぎる傾向があります。
このためシャンプーの回数を増やしたりして、頭皮の乾燥を悪化させて
いるケースも少なくありません。

「乾燥性ふけ」の場合は、頭を洗うことでふけを落とそうと考えると
逆効果になりますので、頭皮が乾燥しないようにケアしてあげることで
頭皮が剥がれにくくする必要があります。

乾燥性ふけ」への対策をまとめました。

・頭を洗う回数を減らす
 多くても1日1回・2回程度までにしたほうがいいでしょう。
 起きたときと寝る前、スポーツをされている方であれば、終了後に
 かるく汗を流す程度でいいのではないでしょうか。

・あたまの洗い方にも注意する
 あまりゴシゴシ洗いますと、頭皮がめくれてきますので乾燥しにくく
 なるおそれがあります。

・地肌に優しいシャンプーを使う

・頭皮マッサージをして、あたまの血行を良くする

このようなことを心がけるようにするとよいでしょう。
つまり、肌荒れを治すのと同じ要領です。

方、「脂漏性ふけ」の場合は、出来る限り頭皮の脂を取り除く
必要がありますが、あたまを強くこすったり、刺激の強いシャンプーを
使用すると、むしろ皮脂の分泌が増えてしまうので、逆効果です。

脂分の多いものを食べないように心がけて、皮脂の分泌が少なくなるように
努力した方がいいでしょう。

脂分だけでなく、糖分も皮脂の分泌を促すため、甘いものもできるだけ
食べないようにしたほうが効果的です。

ニキビが多い方は、頭皮も皮脂過剰体質の人が多いと言われています。
にきびを減らすように注意されたことを実践するようにしてください。
posted by ふけや抜け毛でなやみま千 at 09:17| ふけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

ふけと食生活に因果関係はあるのでしょうか

ふけと食生活には緊密な関係があるそうです。

男性に多いといわれている、脂漏性タイプのふけ症には、食べるものに
気をつけることが非常に大事です。

脂漏性タイプのふけ症の人は、実はニキビにも悩んでいることが多いと
いわれています。
顔と頭皮は同じ顔のパーツであるため、顔が脂性の人は、当然のことですが、
頭皮も脂性と考えられます。

顔にニキビの多い人は、頭皮にも油分が多いため、皮膚のトラブルが
起こりやすくなります。
ニキビ症の人には、チョコレートやピーナッツを食べさせてはいけない
と言われていませんか?

チョコレートやピーナッツを食べることで皮脂の分泌が増えるからです。
脂漏性ふけ症の場合には、食事によって影響を受けることがおわかり
いただけたと思います。

ふけ対策として、どのような食事を心がけたらいいのでしょうか?

ニキビと同様、脂分の多い食事は避けたほうがいいでしょう。
カロリーを過剰に摂取してしまうと、皮脂の分泌が促されることから、
食べ過ぎや、間食は控えたほうがいいでしょう。

ファーストフードやスナック菓子といった所謂「ジャンクフード」は、
出来る限り食べないようにしたほうがいいでしょう。

また、刺激の強い香辛料や糖分も皮脂の分泌を促すと言われています。
極端に辛いものは控えて、甘いものも極力控えた方がよさそうです。
果物も案外糖分が多く含まれていることから、食べすぎは禁物です。

ビタミンB群やビタミンEは皮脂の分泌を抑える効果があるそうです。
これらの栄養分が含まれた食事を、栄養バランスを保ちながらとるように
するとよいでしょう。

バランスを保つのが難しい方は、サプリメントを補助として使用されても
いいですが、基本は食事であることを忘れないようにしてください。
posted by ふけや抜け毛でなやみま千 at 08:25| ふけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
育毛・発毛 メールサポート付
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。